製品・工法情報

長尺鋼管切羽補強システム Me工法

写真:長尺鋼管切羽補強システム Me工法

特徴

「Me工法」は、山岳トンネル掘削時において、坑口部や未固結地山などの脆弱な地山状況で適用される小口径の長尺鋼管切羽補強工です。「Me工法」は切除する鋼管に1m毎にスリットを設けることにより、掘削時に切除することができ無拡幅方式の長尺先受け工や鏡補強工として採用することができます。また特別仕様として、切除された鋼管と鋼管内に充填された注入材を分別処理する機構により鋼材のリサイクルが図れます(NETIS登録)。鏡補強工として採用する場合は、鋼管の付着耐力の向上を目的として、鋼管表面に溝加工や突起加工を施した「Me-fix」が用意されています。「Me-fix」は、従来の鋼管の付着耐力不足を解消し、鏡補強工として施工実績が多い溝付きGFRP管(FIT工法)と同等以上の付着耐力を確保できます。「Me工法」、「Me-fix」は鋼管を補強材兼ケーシングとした二重管削孔システムを採用し、注入は、モルタル系、レジン系、水ガラス系など地山条件に適した材料を選択できます。

カタログPDFダウンロード

本製品・工法は弊社土木資材事業部が取り扱っております
製品・工法についてのお問い合わせは
東京土木営業部・大阪土木営業部へお願いいたします

お問い合せはこちらへ
PAGETOP