製品・工法情報

ハイブリッドフォアパイリング

ハイブリッドフォアパイリング

特徴

先受け工、鏡補強工のコンビネーション

小口径鋼管を鏡部上部より天端に向かって打設配置することにより、従来のフォアパイリングで補強される「天端部」とともに崩壊リスクの高い「鏡面上部地山」の補強を行うことができ、より高い周辺地山の塑性化抑制効果が期待できる工法です。

カタログPDFダウンロード

本製品・工法は弊社土木資材事業部が取り扱っております
製品・工法についてのお問い合わせは
東京土木営業部・大阪土木営業部へお願いいたします

お問い合せはこちらへ
PAGETOP