製品情報

せん断補強RMA工法

せん断補強RMA工法

水門・堰・橋台・ボックスカルバート

イラスト:せん断補強RMA工法

Reinforcement by Mortar Anchor

Reinforcement by Mortar Anchor

有効期限平成29年8月5日建設技術審査証明事業(土木系材料・製品・技術、道路保全技術)(一財)土木研究センター 建技審証第1203号

連続壁の内空断面を侵さず補強が可能な「RMA工法」

工法の概要

RMA工法は、プレミックスモルタルを収容したカプセルを定着剤として採用。長尺や太径補強鉄筋に対して打撃による施工が可能となった、あと施工 によるせん断補強工法です。
現場でのモルタル混練や注入孔の設置が不要なので、特別な管理が必要ありません。
不足したせん断耐力分のみ、あと施工で補強を行い、せん断破壊先行型から曲げ破壊先行型へ移行することが可能です。

RMA工法5つの安心 環境性・安全性・不燃性・施工性・経済性

■施工前後の状況

写真:施工前

施工前

写真:施工後

施工後

■RMA工法イメージ
イラスト:RMA工法イメージ

工法の特徴

省力化

○削孔が小径かつ1度だけで施工可能です。
○現場での混練がなく、一定の品質を維持できます。

工期短縮

○シンプルな製品構成や施工方法です。
○既存構造鉄筋への干渉が少なく、高止り対応が可能なので再削孔が減少します。

省スペース

○大型機械や特殊機械を用いない工法です。

せん断補強有効性実証試験検証工法

○RMAを用いた補強によって、せん断耐力が向上することが実証されています。

■せん断崩壊と補強イメージ
写真:せん断崩壊と補強イメージ

無補強

RMAによる補強

■梁単調載荷試験
写真:梁単調載荷試験
■柱交番載荷試験
写真:柱交番載荷試験

施工フロー

イラスト:施工フロー1

コアドリルのベースをセットし、削孔する。

イラスト:施工フロー2

所定寸法まで削孔を行う。清水を循環し孔内の清掃を行う。

イラスト:施工フロー3

RMAを2~5分間浸漬する。

イラスト:施工フロー4

浸漬完了後、速やかに孔内に挿入する。

イラスト:施工フロー5

ハンマードリルまたはチッパーにより補強鉄筋に打撃を加えながら所定寸法まで打込む。

イラスト:施工フロー6

所定のかぶり厚さを確保し左官仕上げを行う。このとき余分なモルタルについては除去する。

製品バリエーション

写真:RMA及び両端頭付きせん断補強鉄筋

RMA及び両端頭付きせん断補強鉄筋

写真:RMA-AF及び両端頭付きせん断補強鉄筋

RMA-AF及び両端頭付きせん断補強鉄筋

写真:両端頭付きせん断補強鉄筋

両端頭付きせん断補強鉄筋

写真:転造ねじ 継手

転造ねじ 継手

施工および仕様

補強鉄筋の呼び名 D13 D16 D19 D22 D25 D29 D32
削孔径 φ(mm) 16 22 28 32 36 40 42
RMA品番
せん断補強鉄筋の種類
RMA- 1418 RMA- 1824 RMA- 2430 RMA- 2636 RMA- 3038 RMA- 3440 RMA- 3638
RMA-AF品番
せん断補強鉄筋の種類
RMA- 1418AF RMA- 1824AF RMA- 2430AF RMA- 2636AF RMA- 3038AF - -
せん断補強鉄筋
βaw上限値
(両端頭付き)
0.93 0.92 0.90 0.89 0.87 0.85 0.84

設計 RMAを用いた部材のせん断に対する安全性照査

RMAを用いたせん断補強鉄筋により補強された部材のせん断耐力が作用するせん断力より大きいことを確認することにより、補強後の構造物の安全性の照査を行う。RMAを用いたせん断補強鉄筋により補強された部材の単位長さ当たりのせん断耐力Vydは、式(1)と式(2)によりRMAを用いたせん断補強鉄筋のせん断耐力への寄与を考慮し、2012制定コンクリート標準示方書[設計編:標準]3編2.4.3.2に準じて、以下のように求めてよい。

Vyd=Vcd+Vsd+VRMAd ………………………………………………………………………… (1)
VRMAd=βaw・Vawd=βaw[Aaw・fawyd(sinαaw+cosαaw)/Saw]z/γb …… (2)
βaw=1-ly/Srb
ただし、先端側の主鉄筋が1段の場合は1-ly/(Srb-D’/2)
また、βawの上限値は、上表とする。

Vcd
せん断補強鉄筋を用いないRC部材の単位長さ当りのせん断耐力
(2012制定コンクリート標準示方書[設計編:標準]3編2.4.3.2の式)
Vsd
既存のせん断補強鉄筋により負担されるRC部材の単位長さ当りのせん断耐力
(2012制定コンクリート標準示方書[設計編:標準]3編2.4.3.2の式)
VRMAd
「RMA」のせん断補強鉄筋による負担される単位長さ当りのせん断耐力
Vawd
「RMA」のせん断補強鉄筋を通常のせん断補強鉄筋とみなして求められる単位長さ当りのせん断耐力
βaw
「RMA」のせん断補強鉄筋のせん断耐力の向上への有効性を示す係数。
ただし、部材厚が下記の場合、βaw=0(適用外)とする。
先端斜めカットせん断補強鉄筋:400mm未満、転造ねじ継手付きは500mm未満
両端頭付きせん断補強鉄筋:300mm未満、転造ねじ継手付きは400mm未満
Aaw
単位長さ当りの区間Sawにおける「RMA」のせん断補強鉄筋の総断面積
fawyd
「RMA」のせん断補強鉄筋の設計降伏強度で400N/m㎡以下とする。
αaw
「RMA」のせん断補強鉄筋が部材軸となす角度
Saw
「RMA」のせん断補強鉄筋の配置間隔
z
圧縮応力の合力の作用位置から引張鋼材図心までの距離で一般にd/1.15(dは有効高さ)とする。
γb
部材係数。ここでは、1.1とする。
ly
「RMA」の定着長(せん断補強鉄筋が先端斜めカット:6D、両端頭付き:4D)
Srb
せん断補強対象部材の圧縮鉄筋と引張鉄筋のそれぞれの図心の間隔(d-d’)
ただし、下記の場合、「RMA」の適用外とする。
1段配筋:標準はd-d’-D’/2≦2ly、転造ねじ継手付きはd-d’-D’/2-LJC≦2ly
2段配筋:標準はd-d’ ≦2ly、転造ねじ継手付きはd-d’-LJC≦2ly
(LJCは転造ねじ継手全長)
(圧縮鉄筋がない場合は、有効高さから引張鉄筋のd’と同じ分だけを差し引く。ただし、引張鉄筋のかぶりは、50mm未満の場合、「RMA」の施工性から50mmとする。)
D’
背面側最外縁の主鉄筋の直径

「RMA」で補強されたRC部材の単位幅当たりのせん断耐力Vydが、上記の式で算出できることを部材実験により確認している。

写真:最終破壊時写真

最終破壊時写真

グラフ:骨格曲線の重ね合わせ

骨格曲線の重ね合わせ

JWWA成績表PDF

カタログPDFダウンロード

本製品は弊社ファスナー事業部が取り扱っております
製品についてのお問い合わせは
東京ファスナー部・大阪ファスナー部、及び各営業所へお願いいたします

お問い合せはこちらへ
PAGETOP