製品・工法情報

帯鋼板による覆工補強工法 〈覆工補強工〉

概要

所定長さの帯鋼を添接板を用いて現場で連結しながら、覆工内面に沿ってアンカーにて設置し、接着剤を注入して、鋼材の剛性で覆工を維持する工法です。

特徴

■調節が容易
帯鋼の設置ピッチP1、P2を調節するだけで、要求される補修効果を達成することができます。
■施工性に優れている
コンパクトな施工で、トンネルを供用した状況で施工可能です。
■手軽に施工できる
搬送から施工まで人力施工が可能です。
■維持管理が容易
覆工全面を覆わないため、施工後の補修状況の確認、経年経過後の覆工変状観察を目視確認することが出来、維持管理が容易です。

施工完了

■高い補修補強効果
ロックボルトによる地山補強や、裏込めとの併用に適しており、高い補修・補強効果が得られます。

施工写真

作業状況

作業状況

帯鋼接合部拡大断面図

帯鋼接合部拡大断面図

工程

■概略工程

カタログPDFダウンロード

本工法・工事は弊社建設事業部が取り扱っております
工法・工事についてのお問い合わせは
東京建設部・大阪建設部へお願いいたします

お問い合せはこちらへ
PAGETOP