製品・工法情報

内部照明式標識補修工法(RB工法)

特徴

内部照明式標識補修工法(RB工法)とは

紫外線等により白濁劣化した内部照明式標識板を再生する工法です。補修材としてフィルムを使用することにより、標識板の取り換えに比べ低価格に補修できる工法です。

材料が軽量ですので、クレーン等の大型重機が必要なく、高所作業車上だけで施工可能です。

既存の標識板の表示に合わせて切り抜き加工を行いますので、現場に応じた柔軟な施工ができます。


写真:内部照明式標識補修工法(RB工法)

施工写真

  • ・施工箇所を専用クリーナーで清掃します。
  • ・専用フィルムを施工箇所へ貼り付け、文字部分を切り抜きます。
  • ・専用フィルムを再度圧着し、施工を完了します。
写真:清掃状況

清掃状況

写真:専用フィルム貼付状況

専用フィルム貼付状況

写真:専用フィルム圧着状況

専用フィルム圧着状況

写真:表示文字切り抜き状況

表示文字切り抜き状況

物性値

内部照明式(アクリル板専用)標識補修専用シート(VC925TS)

被着体 試験条件 粘着力[N/25mm]
ステンレス 貼付30分後 8.0以上
ステンレス 貼付24時間後 10.0以上
アクリル板 貼付30分後 8.0以上
アクリル板 貼付24時間後 10.0以上

※試験方法 :JIS Z 0237 10.4に準拠

本工法・工事は弊社建設事業部が取り扱っております
工法・工事についてのお問い合わせは
東京建設部・大阪建設部へお願いいたします

お問い合せはこちらへ
PAGETOP