製品・工法情報

ポリエチレンシートによる漏水対策工法(TXシート工法) 〈漏水対策工(導水工)〉

概要

剛性のあるポリエチレン製シート(TXシート)で、
覆工コンクリートの漏水箇所を覆い、線導水または面導水を行う工法です。

TXシートは、シート背面に付いた縦リブが導水層を形成し、漏水を円滑に排水する排水方式で漏水対策を行うことができます。

特徴

■優れた導水効果
シートの背面のリブ効果により、導水層が形成されるため、排水機能に優れます。
■経年劣化がない
シートは耐薬品性に優れており、酸・アルカリ・有機溶剤などに侵されず、耐候性も良好で経年変化がありません。
■調査・補強後施工可能
トンネルの変状によっては、調査・補強を施した後、TXシート工法を施工することもできます。
■施工性に優れ経済的
被締結物の上からアンカー施工ができる、ホーク・KBアンカーを使用するため、施工性に優れ、経済的な工法です。

施工写真

事前作業として、TXシートに、パッキン材(片面接着)を取り付けます。

【面導水の場合】
■漏水箇所にTXシートと押さえ金具を当て、ホーク・KBアンカーを打設して取付ます。

■1列目のシートの上に2列目のシートを重ね合わせて、施工が可能です。
 ※複数列施工の場合、上記の作業を繰り返します

写真:施工方法

施工完了

断面図

カタログPDFダウンロード

本工法・工事は弊社建設事業部が取り扱っております
工法・工事についてのお問い合わせは
東京建設部・大阪建設部へお願いいたします

お問い合せはこちらへ
PAGETOP