製品・工法情報

フィットライナー

特徴

防水シートの表面と覆工コンクリートが化学的に接着することにより、防水シート損傷部からの漏水が水ばしりして広がることを阻止します。ウォータータイト構造のトンネル用防水シートに最適です。

高い防水性
山岳工法(NATM)ウォータータイト(非排水型)トンネル用に開発された化学接着性防水シートです。

漏水の迷走なし
表層の特殊EVA 樹脂が、コンクリートと化学的に接着するトンネル用防水シートです。これによりウォータータイトトンネルの問題点であった防水シートと覆工コンクリートとの界面を漏水が迷走することなく、また漏水が広範囲に広がるのを防ぎます。

熱溶着OK
柔軟で伸び性能の優れたEVA 樹脂製です。そのために凹凸のある吹付け面にも馴染みます。厚さは2.0 ミリで、高水圧にも耐え、現場での熱溶着性に優れています。またEVA 樹脂製であるため、従来使用されてきたトンネルシート用自走式溶着機が使え、通常のトンネル用防水シートとの熱溶着も可能で、様々な条件に適応します。

シグナルレイヤーで施工がスムーズ
シート表面に白色のシグナルレイヤーが積層成型されているため、施工中のシートの損傷部発見を容易にします。

         
           

水密接着のメカニズム

           

■ 特殊EVA樹脂がコンクリートと強固に接着します。

シート表層の特殊EVA樹脂に含まれるシリカが、セメントの水硬化反応の際にセメント成分と化学反応して強固なトベルモライトを形成、高い接着性および水密性を発揮します。

         

■ さらに、特殊EVA樹脂とコンクリートがイオン力で結合を 促進します。

シート表層の特殊EVA樹脂が、 +イオンと-イオンに分極し、シート上の+イオンとコンクリート表面上の-イオンとが引き合うことにより、強固に接着し、高い水密性を発揮します。

止水のメカニズム

「フィット ライナー」はコンクリートと強固に接着するため、万一部分的な損傷が生じても、高い水密性が得られます。
このためシートと覆工コンクリート界面の水ばしりを阻止し、シートが万一破損してもこの個所とコンクリートひび割れ部が一致しない限り漏水しません。

使用例

「フィット ライナー」は通常のEVAやVLDPE 製防水シートと溶着接合が可能であるため、一般断面では通常の防水シートを使用して、打継目部や、拡幅断面等の手動溶着が多用される箇所や、鉄筋工により防水シートへの傷が多く発生し易い箇所等で、部分的に使用することも可能です。

背面平滑型シートライニング工法で採用したエバブリットシート

アーチ部の展張したエブリットシート

カタログPDFダウンロード

本製品・工法は弊社土木資材事業部が取り扱っております
製品・工法についてのお問い合わせは
東京土木営業部・大阪土木営業部へお願いいたします

お問い合せはこちらへ
PAGETOP